フッターメニューへ

クレジットカード現金化に申し込む前に危険な注意点を確認後に取引に臨む!

クレジットカード現金化に申し込むためにはいくつか用意しておかなければならないものがあります。また事前に注意が必要なポイントを把握することで無駄に個人情報を明かす危険性も回避することが可能です。申込み前に確認しておきましょう。

クレジットカード現金化の
申し込み時に用意するもの

クレジットカード現金化に申し込みしようとしている女性

クレジットカード現金化を申し込みするために用意する書類はどのようなものがあるのでしょうか。
一般的な消費者金融に申し込みする際のように、源泉徴収票など所得を証明する書類は必要なのでしょうか。クレジットカード現金化を申し込みする時に、手元に必要な書類は以下のものになります。

クレジットカード現金化に必要なもの
  1. クレジットカード
  2. 身分証明書
  3. 銀行口座
  4. メールアドレス

このように消費者金融や銀行カードローンを申し込み時と比べると、用意するのに面倒臭い書類は必要ありません。

消費者金融やカードローンに申し込みする場合、所得を証明する書類と住民票・身分証明証が必要となります。
住民票や所得を証明する書類は住民登録をしている市町村の役場に行かなければなりません。

その点、クレジットカード現金化は申し込みする際に用意しなければならない書類がとても少なく、初心者にも利用しやすいのが利点ですね。

身分証明書を画像にして送信するだけでOKなので、直接店舗に行って提出するようなことはありません。
書類の文章が読みづらいともう一度画像を送らなければならないので、できるだけ明るい場所でクリアな画像を撮ることを心がけましょう。

また個人情報を必要以上に公開する必要がないのも利用しやすい点です。
カードでショッピングしたという記録しか残りませんので、あなたの信用情報を傷つけることなく、家族や職場にバレることはありません。

極力メールで申し込むようにしましょう!

トラブルを避けるためにはメールを使って申し込みすることを強くお勧めします。
電話では録音をしない限り記録が残りません。
その点において、メールで申し込むということは記録が残りますのでトラブルを避けるという上で賢い申込方法です。

メールで申し込みをすれば、申し込み日時ややりとりの詳細が記録されるので、万が一現金が振り込まれなかったり振込額に間違いがあった時に損害を被らなくて済みます。
また悪徳業者に当たってしまった場合に、高圧的な電話対応で不公平な取引を押し付けられることもありません。

口コミの評価が良い優良店に申し込む場合も、万が一のトラブルが無いとは限りません。必ずメールで申し込むようにしましょう。

カード情報は伝えてもOK!でも…

あなたの大事な身分証明書の画像を、見ず知らずの業者に送信しても本当に大丈夫なのか不安に思う方も少なくないでしょう。カードの情報を見ず知らずの業者に知られてしまうことに抵抗がある方も少なくないと思います。
特にウェブ上で申し込みするクレジットカード現金化は顔が見えないので不安も一入でしょう。

クレジットカード現金化業者にカード情報を伝えることは、普通の通販を利用することと変わりません。オンラインショッピングでカードの情報を入力することと何ら変わりませんので安心してください。

ただしカード裏面の3桁の番号であるセキュリティコードや暗証番号を聞いてくる場合は要注意。どんなに優良店とされていても、カード番号とカード名義・利用期限以外は伝えては行けません。
個人情報を必要以上に公開する必要がない安全なクレジットカード現金化業者の選び方と利用方法をわかりやすく解説しました。

クレジットカード現金化を
申し込めない人

クレジットカード現金化を申し込み出来ない人はどんな人?

クレジットカード現金化は初心者や専業主婦など女性でも簡単に申し込め、気軽に利用できることがメリットです。
しかしながら、そんなクレジットカード現金化にもやはり申し込みできない方は存在します。

  1. クレジットカードを持っていない
  2. ショッピング枠に余裕がない
  3. 銀行口座を持っていない

以上の方はクレジットカード現金化を利用することができません。

ショッピング枠に余裕がなく、クレジットカードを持っていない方がサービスを利用できないことは説明するまでもないとは思います。
銀行口座を持っていない方はウェブ上で申し込むことが可能なクレジットカード現金化を利用することができません。
直接足を運ばなければならない店舗型のクレジットカード現金化業者を当たるしかないでしょう。

ちなみに口座番号を業者に伝えることが不安だと言う方もいるようです。
口座番号を悪徳業者に伝えても、口座からお金を不正に引き出されることはないので安心して良いと思います。
注意したいのはクレジットカードの情報です。
カードの情報をむやみやたらに尋ねてくる業者は避けておいた方が良いです。

ショッピング枠とは

ショッピング枠とは、買い物をした際にクレジットカード会社が支払いを立て替えてくれる限度額のことを指します。

クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。
このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。
このようなことは、規約違反としてペナルティを受けることにもなります。

引用元:一般社団法人クレジット協会

年齢や雇用形態に不安があっても利用可能

クレジットカード現金化は職業や年齢に関わらず、クレジットカードを所持していれば申し込みできるサービスです。
あなたがもし専業主婦やフリーターでも利用できないということはありません。

一方で消費者金融や銀行カードローンの審査は、雇用形態や年齢・勤務先や勤務期間も対象となります。

年齢が若く、勤務先が大手企業であり、正社員であるほど審査が通りやすい傾向にあるようです。
審査に必要な書類を時間をかけて用意しても結局は審査に落ちてしまい、融資を受けられない可能性は非常に高いのです。
特に消費者金融では審査にかかる時間は経ったの30分とありますが、審査に必要な書類を準備する時間を考えると一週間ほどかかってしまう場合もあります。
その点を考えると、クレジットカード現金化は気軽に利用できるのが良いですね。