フッターメニューへ

クレジットカード会社にバレない現金化方法【サバイバル術】

クレジットカード現金化は手軽に行なえますが、悪徳会社を利用するとカード会社に現金化がバレる可能性があります。信用機関にマークされない為にはどんな事に気をつければ良いのでしょうか?避けた方がよい事柄をチェックしてみましょう!

カード会社に確実にバレない
現金化方法について

クレジットカード現金化はあくまで違法ではありませんが、クレジットカードの会社の利用規約に反しています。
そのためクレジットカード現金化をカード会社にバレてしまうと、最悪カードの利用が停止になってしまい、信用機関にマークされてしまう場合があります。

このページでは違法ではない安全なクレジットカード現金化業者の優良店の見分け方と利用の仕方をご紹介しています。

クレジットカード現金化業者優良店の見分け方とは?

セキュリティコード・暗証番号は伝えない

クレジットカード現金化はあなたのカードの情報を伝える必要があります。これは楽天やAmazonなど大手通販サイトでも同じことです。
ただしカードの名義・カードの番号・カードの利用期限は伝えては良いのですが、暗証番号だけは何があっても伝えてはなりません。
大切なあなたの個人情報を守って安全にクレジットカード現金化を利用するために、以下のページにおいて個人情報漏洩を防止する利用の仕方と業者の選び方をまとめてみました。

ギフト券やチケット類の転売は危険

クレジットカード現金化には主に「買取式」「キャッシュバック式」の2種類の方法がありますが、買取式を採用しているクレジットカード現金化業者の利用は違法になってしまう可能性があります。

買取式というのはギフト券・新幹線のチケットなどを金券ショップでカードで購入し、業者に転売することで現金を手に入れる方法です。
日本クレジットカード協会でも、

また、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することはショッピング枠の現金化に該当します。
このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。

引用元:一般社団法人クレジットカード協会

以上のように警告されています。

新幹線のチケットやギフト券など普段あまり買わないものを頻繁にカードで購入していると、信用情報機構からマークされやすい傾向にあります。

当サイトではオンラインで申し込みができるお手軽で安全なキャッシュバック方式の優良店を比較した上で厳選し、ご紹介していますのでもしよければ参考にしてみてください。

同じ業者を続けて利用しない

クレジットカード現金化を継続的に利用したい方は、同じ業者を繰り返し利用することは避けておいたほうが無難です。
キャッシュバック方式の優良店は安全で違法ではありませんが、念には念を入れて、同じ業者を立て続けに利用しない方が吉です。

クレジットカードを利用する女性イメージ画像

クレジットカード会社と協定を結んでいる業者はあえて避ける

クレジットカード現金化業者の中には、カード会社と協定を結んでいると宣伝しているものがあります。
これらの業者は一見安全に見えますが、クレジットカード会社がクレジットカード現金化業者と協定を結ぶことはありません。

そういった業者は悪質なクレジットカード現金化業者である場合が非常に多いので注意してください。たとえ悪質ではなくても、信用情報機構にすでにマークされてしまっている業者である可能性が非常に高いです。

優良店は通信販売の注文の履歴とカード決済が残るだけ

クレジットカード現金化業者の中でもウェブから手軽に申し込むことのできる優良店でカード会社にバレることはあり得ません。
それはクレジットカード会社にはクレジットカード現金化を利用しても、記録上は通信販売サイトや有名ブランド店、家電量販店などの注文の履歴とカード決済が残るだけになります。
カード会社にはあなたが通常通りカード払いでショッピングしたという記録しか伝わりませんのでバレることはありません。

クレジットカード現金化目的でカードは作成しない

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約には反してる場合が多いです。
基本的にはクレジットカード現金化は通常のショッピングとして処理されるので規約違反としてカード会社や信用情報機構にバレてしまうことは考えづらいです。

ただしクレジットカード現金化そのものを利用するためにカードを作成することはやめておきましょう。
クレジットカード現金化はあくまで辛い月にたまに利用する手軽な現金を作る方法と考えてください。