フッターメニューへ

クレジットカード現金化の種類とリスク-買取方式・キャッシュバック方式について

クレジットカード現金化には2つの異なる仕組みがあります。買取方式と呼ばれるものは過去にトラブルが発生したこともあり、今ではキャッシュバック方式と呼ばれるものが主流です。それぞれの仕組みとリスクについて解説します。

クレジットカード現金化の種類について

クレジットカード現金化をするためには、2種類の方法があるって知っていましたか?クレジットカード現金化を利用する前に、ちょっとだけお勉強しておきましょう。

買取方式について

買取方式イメージ画像

アマゾンギフト券や新幹線のチケットなど換金率が高い商品をカードで購入し、金券ショップなどで売って現金化する方法です。

駅前などで見る業者はこちらの方法で現金化する場合が多いのが特徴的です。
換金率は最高でも90%を下回り、キャッシュバック方式と比べると低くなってしまいがちです。

またamazonギフト券や新幹線のチケットなど普段購入しないものを頻繁に購入すると、信用情報機関に記録され、カード会社にマークされてしまう可能性があります。

買取方式には3つの種類がありますので、それぞれの流れを説明しておきます。

買取方式の流れ1
  1. 申し込む
  2. 身分証明書の画像を業者に送る
  3. 指定された商品をカードで購入
  4. 業者が現金で買い戻す
買取方式の流れ2
  1. 申し込む
  2. 身分証明書の画像を業者に送る
  3. 指定された商品をカードで購入
  4. 商品が送られてくる
  5. 商品を業者に返送で返品
  6. あなたの口座に現金が振り込まれる
買取方式の流れ3
  1. クレジットカード現金化業者に申し込む
  2. カードで指定の金券やギフトカードなどを購入する
  3. 転売業者に転売する

キャッシュバック方式について

キャッシュバック方式イメージ画像

サービス申し込み後、利用者がインターネット上で何らかの商品を買い、そのキャッシュバックとして、現金が利用者の口座に振り込まれる方法です。
キャッシュバックとは特定の商品を購入した際に、いくらかの現金を購入者に戻す値引きの一種です。

換金率が95%の業者に10,000円分の現金化を申し込むとします。
この時、あなたはまず指定されたショッピングサイトで10,000円分の買い物をすることになります。
購入が完了すると、銀行口座にキャッシュバックとして9,500円が振り込まれ、500円は現金化サービスの手数料として支払うという流れになります。
購入した商品は実際にあなたの元に送られてきますが、業者に送り戻すことは必要ありません。

キャッシュバック方式の流れ
  1. 申し込む
  2. 身分証明書の画像を業者に送る
  3. 業者が購入を確認
  4. キャッシュバックとしてあなたの口座に現金が振り込まれる

どっちのクレジットカード現金化が
おすすめなの?

キャッシュバック方式と買取方式はどっちがおすすめ?

私の経験から言わせてもらうと、キャッシュバック方式を断然おすすめします。

インターネットがそこまで普及していなかった90年代までは買取方式が一般的でしたが、今ではキャッシュバック方式が主流になっています。
理由は換金率が買取方式よりも比較的高い事と、信用情報機関にマークされにくいということです。

また買い取るチケットやギフト券が本当に利用できるか確認する必要がないため、現金化するスピードは断然にキャッシュバック方式の方が速いのも特長的です。
買取式はクレジットカード現金化業者と買取業者の二つの業者と関わらなければならないので、現金を調達するまで数日かかってしまう場合があります。
クレジットカード現金化業者に申し込みをして指定の商品を購入し、それを買取業者に転売するというプロセスを踏まなければならないからです。

キャッシュバック方式は指定された商品の購入が確認できた段階で口座に振り込まれるので数分で現金を調達可能です。