フッターメニューへ

クレジットカード現金化は闇金と同じ?もしも手を出してしまった時の対処法

クレジットカード現金化と闇金は同じように危険なものだと認識されがちですが、実は全くの別物です。闇金は一度手を出してしまったら抜け出せない危険なものですが、クレジットカード現金は安全な業者を使うことで誰でも安心して利用できるサービスです。

クレジットカード現金化は闇金なの?

「クレジットカードは闇金なの?」というという質問を頂くことが、とても多いのでこちらについても触れさせていただきます。

難しい審査がないクレジットカード現金化は、電話一本でお金を借りられる「闇金」と混同してしまいがちです。
ここでは闇金業者の特徴を簡単に説明しつつ、クレジットカード現金化業者との違いをまとめてみました。

闇金業者とその手口

闇金と呼ばれる業者は貸金業としての許可を受けていないのにも関わらず、お金を融資している怪しい組織のことを言います。

審査もなく電話一本でお金を借りられますが、10日で1割の「トイチ」や、10日で5割の「トゴ」といった法外な高金利で貸付を行なっています。
信用情報機構のブラックリストに載ってしまったため、消費者金融を利用できなくなってしまった人が主なターゲットとされており、今日における社会問題となっています。

頭を抱える女性の画像

ヤミ金を利用してしまうと、電話や自宅前で執拗に取り立てられてしまいます。
最悪のケースでは拉致されて、よくわからない事務所に連れられてしまうケースもあります。
お金を返えしさえすれば問題はないと思いがちですが、完済しようとしても連絡を拒否されたり、完済のための口座を拒否されたりして、永遠に利息が上乗せされてしまうこともあります。

ワラにもすがる思いでお金を借りたい気持ちはわかりますが、ヤミ金に手を出すことだけは絶対に止めてください。

ソフト闇金業者について

警察の取り締まりが厳しくなったこともあり、闇金よりも対応の優しいソフト闇金という業者もありますのでご注意ください。
ソフト闇金は通常の闇金業者よりも対応が優しく、返済日延長の相談にも乗ってくれる暴力性の低い業者です。
厳しい取り立てもないので、消費者金融を利用できないが闇金は利用したくないという人がソフト闇金を利用しているとされています。

しかし実態は法外な高金利で貸付を行う闇金であることには変わりません。
日本の法律では年利で最高20%以上の貸し付けは行えないことになっています。
それを超える金利を提示してくる業者は例え電話対応が丁寧であっても絶対に利用しないでください。

クレジットカード現金化業者と闇金の違い

クレジットカード現金化業者と闇金は大きく違います。
大きく異なる点は、利用者はクレジットカード現金化業者そのものに返済する必要がないということです。

このため闇金が行いがちな執拗な取り立てを心配する必要はありません。

取り立てがなく安心する女性イメージ画像

またあなたの銀行口座にクレジットカード現金化業者からお金が振り込まれた時点で、業者とあなたの取引は完結しています。
あなたはそれ以上、業者と関わることは一切ありません。
審査が簡単という点では闇金と似ていますが、業者に返済をする必要がないのが良いですね。

消費者金融とヤミ金の違い

消費者金融とヤミ金の違いはやはり貸金業として登録がされているか否かであることです。
アコムやアイフルなど有名な消費者金融はもちろん日本政府から営業の認可を得ている業者です。そのため日本の法律で定められている限度年利20%を超えることはありえません。

ただし消費者金融を利用するためには所得審査をくぐり抜けなければならなく、敷居が高いのが特徴です。
このため消費者金融を利用しにくい専業主婦や年金暮らしの方が闇金に手を出してしまいやすいのが現状です。

闇金に手を出してしまった場合の
対処方法

では闇金に手を出してしまった場合、どう対処していけばいいのでしょうか。

お金を借りたのだからお金を返すことは当然のことです。
ただ闇金からの借金は一切返済する必要はありません
なぜなら貸付業としての登録を行っていないのに、貸し付けを行うそのものが違法行為だからです。

また闇金の業者はあらゆる手を使って、完済させないように手を打ってきます。
上でも述べましたが、返済のための銀行口座を教えなかったり、返済方法を伝えなかったり、連絡そのものを返済期日まで拒否したり、あらゆる手を使って利息を上げ利用者からお金を巻き上げようとするでしょう。

あなた一人で対処することは不可能です。
法律に詳しい弁護士に頼ってください。

業者の執拗な取り立てに精神的な健康を崩してしまう方も多いと聞きます。
被害が拡大する前に、法律家に頼ることが最善の対処方法です。

日本弁護士連合会では、インターネットと電話での両方で法律相談の予約を行っています。費用を捻出できないという方も、心配する前にまずは予約をしてください。
弁護士費用を援助する法律扶助制度や、保険・共済の弁護士費用特約など、費用についても弁護士は親身に相談に乗ってくれます。

https://www.nichibenren.or.jp/contact.html