フッターメニューへ

クレジットカード現金化の店舗型・ネット型の違い-違法性が高いのはどっち?

駅前などに看板が出ている店舗型のクレジットカード現金化は本当に安全なのでしょうか。実は横領罪の可能性があるって知っていましたか?カードで購入した新幹線のチケットやギフト券を転売してしまうと犯罪になってしまう可能性があるのです…。

クレジットカード現金化は
店舗型とネット型がある

店舗型とネット型のイメージ

クレジットカード現金化には実際に店舗に足を運ばなければならないものと、ウェブ上で申し込みできるネット型のものがあります。

皆さんも駅前のガードレールや電柱に、クレジットカード現金化の広告を一度でも見たことがあるのではないでしょうか。
2000年代初めまでは店舗型のクレジットカード現金化が人気を集めていたのですが、現在はオンラインで申し込みから現金入手まで完結してしまうネット型のクレジットカード現金化が大変人気を集めているようです。

今回はネット型と店舗型のクレジットカード現金化をわかりやすく比較してみました。

店舗型とネット型の違いについて

店舗型とネット型のクレジットカード現金化の大きな違いをズバリ一言であげるとするならば、「現金化までのプロセス」が大きく違うと言えるでしょう。

店舗型のクレジットカード現金化業者は、主に新幹線のチケットなど換金率の高い金券をカード払いで購入したものを買い取る方法を採用しています。
対してネット型の業者は、オンライン上で利用者に何らかの商品をカード払いしてもらい、キャッシュバックという形で現金を口座に振り込む方式で実現しています。

クレジットカード現金化の種類や方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下のページでわかりやすく解説しています。

店舗型とネット型を比較

クレジットカード現金化を利用したいけれど、店舗型とネット型のどちらの業者を利用したら良いのかわからないという方は決して少なくないと思います。
そんな方のために、店舗型とネット型のクレジットカード現金化業者を比較してみました。

店舗型の現金化のメリット

店舗型の業者の最大のメリットはやはり顔が見えるということ。
そして現金が直接手渡しされるということです。
ネット上で顔の見えない業者と取引をするのに抵抗のある方は良いかもしれません。

店舗型の現金化のデメリット

店舗型の残念な点はやはり換金率がネット型と比べて低いということでしょうか。
加えて信用情報機構にマークされやすいのもデメリットの一つでしょう。

店舗型のクレジットカード現金化は換金率の高いギフト券やチケットを買い取る形で実現させています。
しかしながら普段あまり購入することのないギフト券を頻繁に購入していると、カード会社が運営している信用情報機構にマークされて最悪カードの利用停止になってしまう恐れがあります。

ちなみに面倒臭がりの私は、わざわざ足を運ばなければならない店舗型のクレジットカード現金化は一度も利用したことがありません。
このように利便性と安全性を考えると店舗型のクレジットカード現金化業者はデメリットが多いような気がしてしまいます。
また場合によっては横領罪という法律が適応されてしまい、5年以下の懲役に処される可能性があります。

ネット型の現金化のメリット

私がお世話になっているネット型のクレジットカード現金化には様々なメリットがあります。
その中でも特に換金率が非常に高いということが最大の利点ではないでしょうか。
店舗型の業者と比べると10%も違う場合があります。

さらに信用情報機構にマークされやすい金券を購入する必要がないため、カード利用停止のリスクは店舗型のものと比べて低めです。
特に女性や初心者はキャッシュバック式のネット型を利用すると良いでしょう。
業者の中には女性限定サービスを設けている場合もあり、店舗型よりもお得にクレジットカード現金化をすることができます。

年中無休で休日も受け付けている業者も少なくなく、利便性と換金率を考えるのであればネット型の業者はお勧めです。

ネット型の現金化のデメリット

ネット型のデメリットは、やはり業者の顔が見えないということでしょうか。
また身分証明書の画像を業者に送らないといけないという点に抵抗がある方も少なくないでしょう。

換金率とは

クレジットカード現金化を行う際に、ショッピング枠を利用して発生した支払いをどれだけ現金化してくれるかの割合。
例えば30,000の現金が欲しい場合、換金率90%の業者の頼むと27,000円のショッピング枠とカード支払いが必要になります。

総合的にネット型の現金化がオススメ!

現金化はネット型がオススメ!

以上、ネット型と店舗型の二つの種類のクレジットカード現金化業者を比較してみました。

総合的に考えるとやはり人気を集めている「ネット型」の業者が優れているという結果になりました。換金率や利便性を考えるとネット型の業者を利用するのが賢いのではないかと思います。
ネット型の業者の最大のデメリットとしては、やはり業者の顔が見えないということです。

しかしながら女性や初心者も利用しやすいクレジットカード現金化業者は、電話対応も良いことが多く、親身に相談に乗ってくれることから口コミにおける評価も非常に高いことがわかります。

またネット型のクレジットカード現金化業者に申し込む場合は、電話ではなくメールで行うようにしましょう。
メールで申し込みすることによって申し込みした事と、やり取りの詳細が記録されますので、万が一振込額が違ったり振込が遅れてしまった際に役立ちます。