フッターメニューへ

急な出費はどうする?働く女子が抱える資金調達のリアルな実態

手持ちがないのに急に断れない予定が入ってしまった…そんな時はどのように現金をゲットすれば良いのでしょうか?こちらのページでは女性の出費の理由やそれに対応する対策などをご紹介していますので困った時に役立てて下さい。

働く女子が急な出費に対応する
3つの方法

出費の計算をするイメージ画像

外せない職場の飲み会・彼氏とのデート費用・友達の急な結婚式など多くの出費が重なり、節約したくても節約できない女性は少なくないでしょう。
せっかくランチを弁当にして節約しているのに人間関係がある以上、避けられない出費はありますよね。

急に必要となった現金を調達する方法として、

  1. 知人に借りる
  2. 消費者金融を利用する
  3. クレジットカード現金化を利用する

以上の3つの方法が考えられると思います。

ただ親しい人にお金を借りるのは、やっぱり避けたいですよね。
信用問題に発展してしまい、せっかく築き上げた人間関係が壊れてしまうかもしれません。

消費者金融は「サラ金」と呼ばれている貸し付け業者で、やはり不安に感じてしまう女性は多いと思います。
利用者の約77.0%が男性だと言われているように、消費者金融は女性にはやはり敷居が高いというイメージを持たれているのではないでしょうか。

クレジットカード現金化は難しい審査不要

残念ながら専業主婦、契約社員やフリーターの方は消費者金融の審査をパスすることは本当に難しいです。
そういった方のために、クレジットカード現金化は難しい審査もなく大変お勧めできます。
クレジットカード現金化は身分証明証とショッピング枠に余裕のあるクレジットカードと銀行口座だけで利用することができます。

クレジットカード現金化のメリットとデメリットを説明しつつ、クレカ現金化について以下のページでまとめてみました。

働く女子のリアルな出費事情

働く女子はどんな事にお金を使う?

職場付き合いから出会いまで…痛い飲み会の出費

働く女性の無駄な出費ナンバーワンは「飲み会」の出費。
節約したいのに職場の付き合いでの飲み会の出費に悩む働く女性は少なくありません。
生活費のために働いているのに、職場の人間関係を維持するために出費が嵩んでしまうなんて元も子もないですよね。

でも忙しい女子にとって飲み会は出会いの場でもあります。
職場関係の飲み会以外にも合コンや婚活イベントでの飲み会は働く女子にとって外せない出会いの場です。
飲み代は男性が払ってくれる時代は残念ながら過ぎ去ってしまったようです。
クレジットカード現金化を利用する私の最も多い理由は、やはり飲み会関係の費用を捻出することだったりします。

女の衝動買いはやめられない止まらない?

女子の出費事情で次に多いのは通販での衝動買いではないでしょうか。
近年はメルカリやamazonなど通販やオークションサイトでタップ一つでお買い物ができる便利な世の中になりました。
期間限定の服やコスメについ無駄金を使ってしまう女性は私だけではないはず。
購入してからどうして買ってしまったのか小一時間考えてしまう前に、衝動買いの元凶になりそうなものは周りから排除してしまいましょう。

男が奢る時代は去る!かさむデート費用

女性の社会進出に伴い、男性が女性の食事代や娯楽費用を払う文化はもはや風前の灯です。これは男女平等社会の弊害の一つと言えます。

こんな冗談はさておき、やはり交際費も働く女子には痛い出費の一つであるようです。
奢って貰って当たり前の懐かしき日々は過ぎてしまったので気をつけましょう。
奢ることが当たり前だと思っている女性の皆さん、もしかしたらあなたの態度が奢られない理由の一つになっているかも?

おめでたくない友人の結婚式

20代後半に差し掛かると周りの友人が次々と結婚しだす時期です。
ウェディングドレスを着た幸せそうな写真を投稿してくれるだけならまだ良いのですが、素直に喜べないのが結婚式の招待状
日本には御祝儀という独身女性にはとてつもなく辛い文化があります。
御祝儀の平均は大体3万円程と言われています。
この3万円は働く独身OLには非常に辛い出費になってしまうのです。

そんな方にオススメしたいのが2がペアを表すから縁起がいいという無理やりこじつける金額設定方法です。
また結婚式に出席するためには着物やスーツ、髪型など御祝儀以外にも様々な出費が待ち受けてしまいます。そんな時には親戚の一人に死んでもらいましょう。

人間関係が崩れてしまうのでどれもお勧めできな対処方法です。