フッターメニューへ

景表法違反や横領罪に問われる可能性ある!?クレジットカード現金化の違法性について

クレジットカード現金化は厳密には犯罪ではありませんが、悪質な業者を利用してしまったことで景表法や横領罪の罪に問われる可能性もあります。利用前には必ず業者の調査をして、安全に使えるのか確認するようにしましょう。クレジットカード現金化の違法性について解説します。

クレジットカード現金化は違法なの?

クレジットカード現金化は犯罪?違法?というあなた疑問にお答えするために、できるだけわかりやすく解説してみました。

クレジットカード現金化の種類は買取方式キャッシュバック方式の二つがあります。
このページを読む前に、あなたの申し込みたいクレジットカード現金化がどちらのパターンなのかを知っておいてください。

買取方式とキャッシュバックはどう違う?

基本的にオンラインで行うクレジットカード現金化はキャッシュバック方式であることが多く、店舗で行うものは買取方式であることが多いです。

クレジットカード現金化の種類について

今日におけるクレジットカード現金化の種類は大きく分けて二つの種類があります。
「キャッシュバック方式」「買い取り方式」の詳しい説明は以下のページでわかりやすくまとめてみましたので、是非ご覧ください。

買取方式と横領罪について

買取方式は換金率の高い金券やチケットをカードで購入し、金券ショップに転売するクレジットカード現金化の方法です。

クレジットカードの規約によるとカードで支払った商品は、あなたがカード料金を支払うまで所有権はカード会社にあるという規約があります。
もしあなたがカード料金を支払えなかった場合、売主は商品の返却を求めることができます。

この仕組みを「所有権留保」と言います。

カード会社に立て替えてもらっている状態

更にわかりやすく説明すると、あなたがカードでアクセサリーを購入したとします。
あなたはカード会社に支払いを立て替えてもらっている状態です。
アクセサリー自体はあなたの手元にありますが、所有権はまだカード会社にあります。
そして立て替えてもらった金額をカード会社に返して、初めてあなたはアクセサリーの所有権を持つことができます。
もしカードに立て替えてもらっている分のお金を支払えなかった場合、アクセサリーをあなたに売ったお店は、あなたに商品の返却を求めることができます。

横領罪が適用されるケース

さてここで注目して欲しいのは、あなたがカード料金を支払い終えるまでは商品の所有権はカード会社にあると言うことです。

この状態で転売してしまうと、他人に所有権があるものを勝手に転売したとみなされ、横領罪が成立してしまう可能性があります。

横領罪が適応される条件として、「委託の任務に背いて、所有権者でなければできない処分を行うこと」とあります。

「委託の任務」と言うのは、クレジットカード会社の所有権がある商品をあなたが保管する任務ということです。
つまり“まだカード会社に所有権のある商品なので、きちんと保管しておきしましょうね”と言うことです。

この委託の任務に背き、カード料金を支払う前に転売してしまうと、刑法 第252条(横領)が適応されます。五年以下の懲役に処せられる可能性があるので要注意です。

横領罪が適応されない買取方式

買取方式でも横領罪が適応されない場合があります。

それは換金率の高い金券やチケットを金券ショップでカードで購入し、同じ金券ショップに売った場合になります。

この場合は販売業者と買取業者が同一の業者とみなされ、販売業者の同意を得られているものと解釈されます。
この場合は、一度買った商品を同じショップに返品するだけなので、「委託の任務」は発生せず、横領罪に当たりません。

また“あなたが返品しても良い”もしくは“業者が現金で買い戻しても良い”という取り決めがされている商品をあなたが買い、それを業者が現金で買い戻すといった買取方式のクレジットカード現金化も、横領罪は適応されません。
この場合は、あなたと業者の売買契約に基づく行為と解釈されます。

キャッシュバック方式と景表法

景表法は違反?違反でない?

キャッシュバック方式について

キャッシュバック方式は現金化を希望する利用者に、ネットショッピングで指定の商品を購入してもらい、お礼に「キャッシュバック」として現金を振り込む方法です。

キャッシュバック方式は景表法違反ではないかという質問を数多くいただいたので、わかりやすく解説させていただきます。

景表法とは

不当景品類及び不当表示防止法が正しい名称で、省略して景表法と言われたりしています。顧客を獲得する手段として、消費者に知らせる景品や広告が過剰になってしまわないようにする法律です。
わかりやすく言うと、「より多くのお客さんを手に入れるために、大げさなオマケをつけたり広告を打つことはダメですよ」と取り決めてある法律です。

キャッシュバックはそもそも景品なのか

結論から言ってキャッシュバックは景品に当たらず、値引きに該当するものですので、景表法には引っかかりません。

景表法では過剰な景品や広告を禁止していますが、キャッシュバックはそもそも景品に該当するのでしょうか。
一般的に景品はオマケや商品などを指しますよね。

ただしクレジットカード現金化におけるキャッシュバックは消費者庁の「景品の指定に関するガイドライン」によると、景品には該当しないことが明らかです。

消費者庁のウェブサイトから引用すると、「景品」の定義において

  1. 顧客を誘惑する方法の一つとして
  2. 提供する商品またはサービスの取引におまけするもの
  3. 取引の相手に差し出す物品や金銭
参考サイト:消費者庁ホームページ「景品に関するQ&A」より

このように定義されています。

これを見るとキャッシュバックは景品に該当するように思えるのですが、「正常な商慣習に照らして値引又はアフターサービスと認められる経済上の利益及び正常な商慣習に照らして当該取引に係る商品又は役務に付属すると認められる経済上の利益は含まない」と説明してあります。

つまり通常の物の購入時における値引きは景品に該当せず、キャッシュバックは景表法には引っかからないと言うことになります。

なぜキャッシュバックは値引きに該当するのか

消費者庁ホームページの「景品類等の指定の告示の運用基準について」を引用すると、キャッシュバックは「正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益」に当たると認められています。
このため、キャッシュバックは値引きに該当するため景表法違反ではありません。

参考サイト:消費者庁ホームページ「景品類等の指定の告示の運用基準について」より

違法性のあるクレジットカード現金化を
避ける方法

違法性のないところを選ぶには

クレジットカード現金化は場合によっては違法になってしまいます。
もしあなたがクレジットカード現金化の利用を考えている場合は、できるだけキャッシュバック式の業者を選ぶようにしましょう。

ウェブサイトから申し込みできるクレジットカード現金化業者はキャッシュバック方式を取っているものが多く、リスクの低い場合が多いことが多いです。
またキャッシュバック式のクレジットカード現金化の申し込みにはカードの情報を業者に伝えなくても良いので、不正利用などのリスクが減ります。

優良業者を選ぶことは、リスクのないクレジットカード現金化のための近道です。

ただ初心者の方はキャッシュバック方式なのか買取方式なのかわからない場合も多いと思います。
もしあなたの利用したい業者が違法性のあるクレジットカード現金化サービスを行なっているかどうかわからない場合は、以下の3つのポイントを気にしてみるようにしてください。

  1. あなたが購入する商品を売る業者と買い戻す業者が同じ
  2. キャッシュバックと明記されてある
  3. 買い取り方式は極力避ける

この3つのポイントを注意していれば、リスクの低いクレジットカード現金化業者を選ぶことが可能です。

また電話で申し込みする際に、どのような方式を取っているのか直接聞くのも手です。
説明がなかったりあやふやだったりする業者は避けましょう。