フッターメニューへ

クレジットカード現金化の利用者層について|おすすめできる人・おすすめできない人まとめ

クレジットカード現金化を利用する人はどのような人が多いのでしょうか?こちらではクレジットカード現金化に向いている人、不向きな人、よく利用されているシーンなどをまとめてみました。気になる暴力団との関係についても考察していきます。

どのような人が利用しているの?

クレジットカード現金化はさまざまな方が利用していますが、どのような人々が主に利用しているのかをまとめてみました。

クレジットカード現金化の主な理由
  1. 急な結婚式に持っていく御祝儀
  2. 子供の養育費やお祝い事
  3. 急な病の治療費
  4. 余裕の無い月のデート費用
  5. 決められた期日に買わないといけないチケットや限定商品の購入

このように、クレジットカード現金化を利用する多くの方が急な出費の費用捻出に利用していることがわかります。

ちなみに私は周りが結婚することが多い年齢なので、急な結婚式のご祝儀には本当に苦労させられています。
主婦の友人はやはり子供の養育費に使うことが多いと言っていましたね。
子供が通う学校の行事や新しい制服・絵の具セットや習字セットの費用捻出に利用しているみたいです。

ご祝儀や行事などの急な出費イメージ画像

出費が重なるきつい月に、難しい審査いらずのクレジットカード現金化はとてもお手軽で重宝しているようです。
Yahoo!知恵袋などでクレジットカード現金化の関する質問をしている方も、これらの理由で利用しているようですね。

このように主婦や学生・正社員ではない方など、消費者金融の審査で落ちてしまいやすい人も気軽に利用できることも人気の理由です。
クレジットカード現金化では身分証明書とカードの画像を業者に送るだけで審査が完了し、クレジットカード現金化業者から返済の催促がこないことから気軽に利用したい方に、特にニーズがあるようです。

クレジットカード現金化を
おすすめできる人

  1. ショッピング枠に余裕のあるクレジットカードを持っている
  2. 面倒な審査はできるだけパスしたい
  3. なるべくすぐに現金を調達したい
  4. 家族や職場にバレることが怖い
  5. 複数回利用する予定はない
  6. さまざまな事情で消費者金融を利用できない
  7. 専業主婦・契約社員・学生・年金暮らしなど

あくまで私の経験上言えることなのですが、単発的に現金が必要になっている人が主に利用しているイメージがあります。
私は何度もクレジットカード現金化に助けられているヘビーユーザーですが、私の周りでは定期的に利用している人はあまりいないようです。

理由としては、消費者金融(サラ金)を利用すると信用情報機構にデータが残ってしまい、万が一返済を忘れてしまうと、ブラックリストに記録されてしまいます。
ブラックリストに記録されてしまうと、新しくクレジットカードを作れなくなってしまったり、学生・住宅ローンが組めなくなってしまいます。

家族や職場にバレたくないという方にクレジットカード現金化はおすすめです。

おおすすめできない人

  1. クレジットカードを持っていない
  2. ショッピング枠にあまりがない
  3. 何回も繰り返し使う予定
  4. 30万円以上など高額が必要

当たり前ですがクレジットカードを持っていない方、持っているがショッピング枠にあまりが無い方は利用することができません。
ちなみにクレジットカード現金化だけのために新規でカードを作ることは規約違反になる可能性があるので、やめておいたほうが無難です。

またクレジットカードのショッピング枠は一般的に、10万円から100万円とされています。信用度の高い人ほどショッピング枠の多いカードを持つことができるのですが、簡単に作れるカードは30万円が上限である場合が多いです。
もしあなたが一度に30万円以上の現金が必要であれば、クレジットカード現金化はあまりおすすめできません。
クレジットカード現金化のためにショッピング枠をフルに使ってしまうと、万日常生活でカード払いができなくなってしまいます。(※もちろん返済さえすれば利用可能です。)

クレジットカード現金化がおすすめできない人

またショッピング枠の多いカードを持っていたとしても、一度に高額の現金化をしてしまうとカードの不正利用とマークされてしまい、あなたの信用情報に傷がついてしまう可能性があります。
一度に高額が必要である場合は、面倒臭い審査を受けてでも消費者金融サービスを受けることをおすすめします。
どうしてもクレジットカード現金化で高額な現金を手に入れたい場合は、返済を分割するなどすればブラックリストに記録されてしまうリスクを減らすことが可能です。

クレジットカード現金化の
利用層のまとめ

主に契約社員や専業主婦など消費者金融の審査に通りにくい人々が、クレジットカード現金化を利用していることがわかります。
また女性や今まで業者から現金を調達したことのない初心者も、面倒臭い審査がない・親身になって相談してくれると言う点で多く利用しているようです。

現金の主な用途を見ると、お祝い事などの急な費用を捻出するためであり、定期的に利用している方は少ない模様。
出費が重なるきつい月に利用したいだけの方にとっては、信用情報に傷がつかず、身内にバレないためかなり重宝されていると言えるでしょう。

利用者に危ない人はいる?

「審査にではねられてしまう」ときくと、一見怪しい人物がクレジットカード現金化を利用しているかのように思えてしまいますが、そうではないことがわかります。
そもそも反社会的な団体に属しているような危険人物はクレジットカードを作ることができません。
クレジットカード現金化はショッピング枠に余裕のあるカードがなければできないことです。